フィルムカメラをはじめようー①初心者、おいくらかかる?

こんにちは、まゆナベです♪

最近最も盛り上がっているのは、ヲタ活をもっとリアルに記録すべく始めた

フィルムカメラ

この記事に訪問してくれた方の中には、私と同じくフィルムカメラに興味あるけれども、

①何が必要で、どれを選べばよいか

②いくらぐらいで購入出来て、現像にいくらかかるのか

始めたいけれども飛び込めない方もいるかも?と、

記事にしてみました!!

それでは本日もおはじめしましょう♪

フィルムカメラのある生活

Instagramでどーでもいい話を熱心にしてみました。

まったく役に立たない情報は、下記からどうぞ。↓

https://www.instagram.com/tv/Cd99DMPomOy/?utm_source=ig_web_copy_link

動画内で色々テキトーすぎて間違い満載ですが、↑この瞬間が一番テキトー。

値段違う!とクレームつけてますが、種類が違うカメラです。テキトーすぎる!!笑

******************

まずは金額。

購入するのは、一眼ならカメラボディ本体と、レンズの二点。

これはオークションサイトや中古屋で販売しており、

数百円~●十万円で売っています。

私はひとまず、1万円以内で揃えようと探しました。

結果、8,000円で購入。

そして現像。最初はとにかく安さよりも早く見たくて近所のカメラ屋さんへお願いしていました。小一時間くらいでデータ化したCDと小さくまとまった一覧寫眞をくれました(店舗による)。仕上がりもキレイ!!

現像にはオプションでスマホに送るなど色々あり、相場1500円弱くらい。

現在は、フィルム代を考慮し、安価なネット現像をお願いしています。

ネット現像は400円+送料。●円以上で返送料サービスなど利用しても◎

で!!

意外とお金がかかるのが、実はフィルム購入代金なのです。

フィルム代は700円台~数千円。これは一本の金額です

これらはピンキリで、いざ始めるときにネットなど参考にしてみて下さい。

高いモノなのでサイズ違いで購入しないように気を付けましょう!

35mmと、中判、大判と3種類あるので、購入時は要確認です!!

このカメラがやってきて以来、70代以降のおじさま・おばさまから声を掛けられる率が爆上がりしました!!!

「ペンタックス?!懐かしいなァ~。ペンタックスペンタックス」

みんな同じことを言います。

そして気が付けば、このCMの話になるのです。

これはじぞうちゃんと出会ったおじさまを筆頭に、母も声をかけてくれた方々みんなに伝わる共通語です!

「ボーエンだよ」

ペンタックス、ペンタックス、ペンタックス…

フィルムカメラが好きな方、またはリアル世代の方々。

一度は耳にしたことはあるCMソングらしい。

 

星の数ほどあるフィルムカメラ。

何を基準に選んでよいのかわからなかった私が頼ったのは、

❁寫眞作品の好きな方

❁リアルフィルム世代

に直接聞くことでした。

「寫眞作品の好きな方」に聞いてみた

※お二人の以下画像はインスタプロフ画像からお借りしました。タップで最高にかっこいいインスタ作品を見に行けます♪各々ストーリーズはヲタ全開で爆笑必見です!

Sala Okabe氏

みんな大好き、オシャレなのに近所の商店街店主と話してる錯覚におちいる不思議な方。彼女の作品や、彼女自身が大好きで、フィルムカメラ作品もかっこよく、相談しました!

Yasu氏

作品か、Salaさんから飛んだのか。どっちが先だったのか忘れましたが、松屋の袋を手に横断歩道をスキップするシュールな男寫眞に心奪われた方。若いのに昭和な彼に相談しました!

Salaさんの誘いでインスタライブに出たことをきっかけにお話しできたYasuさん。

とにかく彼の作品が大好きで、迷わずお二人に相談。

二人からのアドバイスで特に響いたのは3つ。


❁持っていてテンションの上がるモノ
❁35mmレンズから始める
❁安価なモノでも良い
実際に買ってみて、この3つは初心者にとって本当に大切なコトだと思いました!!
私がこの3つをポイントに探し、購入したのは、コレでした。

「ASAHI PENTAX SP」

ペンタックスです!!

冒頭で紹介した、「リアルフィルム世代=母」の思い出話も参考にしました。

 


「独身時代、奮発して初めて買ったカメラがPENTAX。寫眞屋へ持っていった時、お嬢ちゃんわかってるねぇ~と褒められたのよ!」
まゆナベ母

フィルムカメラは、私が若いころまで普及しており、友達とのお出かけには写ルンですを買って行くのは定番でした♪

 

でも結構ごついモノも多く、祖母、母世代のカメラを初めて見た時は、本当にテンションの上がるデザインばかりで驚きました。

これらのアドバイスを元に私が決めたのは、コレ!!

❁カメラ…ASAHI PENTAX SPOTMATIC

❁レンズ…Takumar 35mm

❁ストラップ…PENTAX

ストラップは黒地の刺繍でなく、このレトロな赤色に一目ぼれし、探しまくりました★

でも、カメラを直ぐに購入したわけではありません。星の数程あるフィルムカメラとレンズ、どう選んでよいかわからなかったのです。

 

「まず、飛び込む・はじめる」

 

これは私が生きていくのに最も大切にしていることです。たぶん。笑

そして、Salaさん、Yasuさんのアドバイスで、実際に購入・撮影を沢山してからわかったのは、

「フィルムは沢山種類があるから、カメラをどれにするかよりも、どのフィルムを使うかでも変わる。」というコト。

 

だから安価なカメラでもいいから、とにかく撮ろうと手に取る。

なんてったってお手間の多い機械ですから、とにかく持ちたくなる

テンション上がるカメラが必要なんだと。

 

私のフィルムカメラ熱は撮れば撮るほどぶちあがり、色々買い足していくのでした。。。

 

 

カメラケースやら、当時の小物あれこれ…

もう書ききれないので、昭和奥様たちの強い味方、ペンタックスカメラや小物あれこれ、撮影器具などの魅力をシリーズ化して各々紹介していきます♡


お楽しみに♪

2022.5.7 仏滅 まゆナベ♪

※に書いていたのに放置してました…沢山放置記事溜まってるな。。。(本日2022.5.25)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。