お直し

【半襟】毎日の半襟したく


FavoriteLoadingお気に入りに追加

こんにちは、まゆナベです♪

みなさまは、毎日半襟を変えますか?

私は襦袢の数が少なく、

小物を毎日変えて着物生活を楽しんでいます♪

本日は、毎朝の半襟したくと、

日本刺繍のお話です♪

それでは、お始めしましょう♪

衿芯は毎日使い捨て

びっくら仰天!!

反エコですよね★

まゆナベ毎日ルーティン

  1. 5時に起きて一人珈琲&好きな着物サイト閲覧&古書読書
  2. 家族を見送り家事全般
  3. おチビ(1歳)と開店の早い食材屋さんへ行きがてら散歩
  4. 本日の半衿を縫う

です。

なので、オンライン講座が10:30からの日は

結構直前に縫ってます★爆笑

その代わり(?)ヘアメークは朝イチ珈琲と共に支度します♪

 

朝、お使いから帰ってくるまでは、

あまり着物を着ません。

全身、無印良品で仕上がってます。笑

デザイン・着心地・価格、

最強なわけでもないですが、何とも全体にほどほどで、

こだわり全くなく着てます★爆笑

**************

そんな私の高速?半襟付けは、

関西の【華なりキモノらいふ】着付け教室の

Yuki先生(Yuki先生インスタ)伝授の奇跡の半襟付けです♪

※FBでフォローしているのですが、インスタを発見ヽ(=´▽`=)ノ!!

突撃インスタリンクしてみました★笑

 

関東へは、ふわりまとう&MarMuのマミさん(マミさんインスタ)が

ワークショップを開催した際のゲスト講師がYUKI先生でした☆

※マミさん本日大安お誕生日とは!!おめでとうございます★☆★

同じ年ですよ、私。マミさんと。奇跡の美襟足を毎度眺める…(=ω=。)★笑

 

日々、10分かからず縫えますのでお出かけ前でも

全く苦痛ない作業なのです♪

 

なので縫い方を知りたい方は、先生の講座へレッツラゴーですので、

本日は、衿芯や、自分の衣紋具合の話です♪↓

①半紙衿芯

以前から紹介しておりますが、私は昔ながらの半紙半襟です。

なぜかというと、加齢+元々老け顔なので、

ピンとし過ぎた襟元が

しっくりこなくなったのですΣ( ̄Д ̄;)

 

そこで、衿芯なしや三河衿芯などを試し、

最近は半紙に落ち着いています。(三河衿芯の事もあります☆)

②半紙を衿幅に折る

※下準備として私の襦袢は全て、

衿を広衿にしてから、好みの巾に直してます。

こんな感じで、半紙2枚重ねて折る↓

※芯は衣紋の部分だけです。あとは何もいれません★

③縫い付ける

まず表側は通常に柄を見て付けた後、

裏が重要!↓

こんな感じで、衿裏をほどほどにシワを残して張りたいので、

中心から指3本が縦に入るくらい半襟側を張り

襦袢の衿はゆるゆるにします。

その他は衿に沿って自然に縫い付けます

④こんな昔ながらの着姿になります

ゆるく着てズレる日もあれば、

ほっこり着物なので衿元はビシっと決め、ズレない日もある。

毎日、私の行動や想いに合わせ、襟元の表情も違うのが

半紙半襟の寄り添ってくれるお気に入りポイント♪笑

誰にも伝わらない、

細かすぎるコダワリ川 ̄∠ ̄川☆爆笑

*************

いかがでしたでしょうか?

最近はオンライン講座中心に発信しておりますが、

日々チビに食べこぼしされ汚れた着物の染み抜きも、

ほつれ直しも、

日本刺繍の修行・勉強し直しも、

発信に至らぬほど日常のコトになっていました★

 

昨夜、肉じゃがの染み抜き(笑)をしていた際、

旦那さんから

『それはブログにしないの??

それこそ、赤ちゃんいて毎日着物を着ているから

起きるコトであって、

参考になる人もいるのかもよ???

と言われ、ハッとしました。

♪当たり前~あたりまえ~♪な行動になる程、

洗濯と刺繍の勉強、半襟付けは

日常業務になっていました(; ̄ー ̄A★爆笑

また刺繍のお話も記事にしようと思います♪

 

最近は染に興味を示したのも、

結局は刺繍のお勉強★

一つのコトを掘り下げると、

色んなコトの勉強不足を日々痛感!!

毎日コツコツ継続が大切ですね!!

早く刺繍作品を出せるように頑張ります♪

 

それでは本日もオンライン講座なので、

午後はドキドキで過ごします♪笑

皆様もよい午後をお過ごしください♪♪

******************

2020年6月17日 大安 まゆナベ♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ABOUT ME
mayunabe
mayunabe
昭和初期の主婦向け実用書に残されたメモに着目。着付け 染み抜き、美容など、当時の主婦生活を再現し、途絶えた身近な歴史を現代ツールに残すという、壮大で、誰の役にもたたない活動をしている
昭和初期古書実践コレクター
まゆナベ
昭和初期の主婦向け実用書に残されたメモに着目。実際に実験することで、当時の着物生活、美容事情を読み解き、現代ツールに残すという、壮大で、誰の役にも立たない活動をしています♪
\ Follow me /