【内職】昭和14年の主婦のお給料って??

こんにちは、まゆナベです♪

昨日キモノ葉月さまのインスタ&TwitterでUP頂きました半襟ちゃん↓

昨年は『染めを始める!』と目標をたてていたので、

ギリギリですが、2019年末に納品しました★

私、自宅で一室和室を頂き、染めや刺繍を日々しているのですが、

実はこの生活、昭和14年の古書で見た『内職特集』を再現しているんです♪

ところで昔はコレ、どのくらいの時間で、いくらで作っていたの?

それでは、本日もおはじめしましょう♪

*************************

【昭和14年の刺繍内職を令和の円で覗(のぞ)いてみた】

昭和14年当時の工賃を、現代価格で調べてみました↓

【刺繍の工賃】

 か、か、可愛いーー!!

[su_box title=”*条件*” box_color=”#e6253b” radius=”5″]●布代は先方持ちとする

●糸代も含む [/su_box]

●帯…14,200円~21,300円

●半襟…3,550円~7,100円

●着尺…21,300円~142,000円

へーー!意外と主婦貰ってますね!!

【必要な用具】

●初期の糸代以外は、1,420円~2,130円で揃え、糸を足していく

え?!安い!!刺繍の枠&枠を乗せる台だけで、数万円の令和よ…

【要する時間】

●帯一本…長くて一週間

【お薦めポイント】

●仕事は四季を通してありますから、婦人の内職としては大そう有利です

【心構えポイント】

●相当の信用を得るまでの苦心は並大抵ではありません

激しく共感。無名のまゆナベ(=ω=。)爆笑

****************

最後に、私が一番驚いた刺繍内職がコチラ↓

手袋・靴下の刺繍なんですけれども、

いづれも、1日1ダース(!)作れて

”相当な利益を挙げられます”

ほほーーーう!!

なんと!!

1ダース=0.5円~2,130円/1日!!(当時の靴下刺繍価値)

ん??

なんと!!なんと!!!!!

1ダース!!

0.5円~2,130円/1日!

さらに!!!

『布地は勿論問屋が持ち、

糸代はこちらからだしております』

糸代マイナスっ(|||`□´|||;;)!!

ちなみに、この素敵な手袋は、1ダース=710円~3,650円也↓

***************

いかがでしたか?

内職といえば、昔ヘアゴムの内職をして、手にめちゃくちゃ強力な接着剤がついて、何百個納めても数百円でした

昔から決して甘くはない、主婦の内職。

私も刺繍販売を始めて早2年目に突入!!

思ったように成果が出ない事の方が多いです。

でも!続ける中で、自分の感性を客観的に見られますし、

ご縁を頂いた方の感想もダイレクトに聞ける事が多く、

大変なやりがいと、成長を得られます( ̄(エ) ̄)ノ”♪

気になった方は、今すぐ『キモノ葉月』または、『しらcoma』

ショッピングタ~イム♪♪

ヲタ仙人まゆナベ

この記事は2020年のモノです。現在はお取り扱いしていません。

2021年秋より「しらべ着モノ.coma直販ショーワンダフル」でオーダー半衿などを販売開始します。

*******************

参考資料

*「内職に向く 実用手芸品の作方八十種」主婦之友社発行(昭和14年発行の古書です)

2020年1月7日  赤口 まゆナベ♪

お買い物カゴ
0
    0
    Your Cart
    Your cart is emptyReturn to Shop